CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
長崎:江山桜
0
    仕事で長崎に行きました。
    いっぱいいっぱいの時間でしたが
    ちゃんぽん気分だったので
    江山桜さんへうかがいました。
    DSC_1282.jpg

    特上ちゃんぽんです。
    スープがかなり濃厚でクリーミーでした。
    麺がもちもちでのびにくく、
    おいしく頂きました。

    苦しくて、少しだけ胃もたれ・・・。






     
    | 旅録:長崎 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    平戸でお魚三昧
    0
      平戸に行きました。

      大将のお任せコースで頂きました。
      ひらめの薄造り。
      美味・・・。
      DSC_0577.jpg 

      牡蠣。
      瀬戸内産だそうです。
      DSC_0578.jpg

      厚く切ったひらめに、クエの小鍋で頂きました。
      クエ、おいしい!
      DSC_0579.jpg

      ふぐの白子。
      DSC_0581.jpg

      ふぐのから揚げ。
      DSC_0580.jpg

      平戸牛。
      DSC_0582.jpg

      雑炊。
      DSC_0583.jpg

      おいしく頂きました。



      | 旅録:長崎 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      カキ食う祭り!祭りだー
      0
        またもや西鉄のバスハイクを利用しました。
        今回は九十九島で11月の土日祝日のみ
        開催中のカキ食う祭りです。

        お相手はきれいかっこいい姉さん。
        カキ大好きということでお誘いしました。

        当日はやはり、行きのバスからビールを呑みつつ
        あっという間に長崎に到着。
        それから遊覧船に乗り、私が持参していた
        日本酒越乃雪椿をグラスでちびちび飲んでました。

        風が冷たかったけれど、日本酒飲んでりゃ
        体もあったまるさーー!
        一時間の遊覧時間で750ml終了です。
        やっぱり一升瓶のほうが良かったのかな。
        (でもたいそうな荷物になるもんなぁ…。)

        会場ではミールクーポン1名500円分とカキを1.5kg、
        そして軍手、カキナイフ、割り箸など全て準備されています。


        会場の風景。


        カキ。


        カキの焼き方も教えていただけます。


        カキを焼きつつ、他の食べ物(アジの味醂干しやサザエ4ヶ500円など)を
        買い、「わははー」と焼き祭りです。祭りだー祭りだー。わっしょい!


        まぁ、とにかく呑みました。
        ビール何本あけたんだろ?覚えてないしー。笑。

        帰りのバスの中では持ち込み禁止で呑めなかった
        白ワインを少しだけのみ、二人とも爆睡です。

        カキ、とってもおいしかったです。
        食べ過ぎて、その後大変でしたが。

        でもカキを嫌いになることなんてできやせん。
        | 旅録:長崎 | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        出島ワーフ
        0
          出島ワーフで休憩を取りました。
          すぐ目の前が海で、風は少し冷たかったですが
          外でお茶を飲みました。





          あぁ、穏やか・・・。

          | 旅録:長崎 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          鴨居玲と羊子の絵画
          0
            長崎へ行ってきました。

            目的は長崎県美術館へ、鴨居玲さんと
            羊子さんの絵を観るためです。
            【開催期間は11/28〜1/14まで】

            目がチラチラして見える立体的な看板です。


            正面入口です。
            美術館コレクション展の入館料は400円でした。
            安い!!
            近くに住んでたら、コレクション展が終わるまで
            毎週でも行きたいくらいです。


            玲さんの絵を観ていると
            私の体中の血が飛び跳ねました。
            足の指先から脳の中をものすごいスピードで
            血が駆け巡っていくのがわかります。
            鳥肌が立ち、心がぞわぞわと落ち着きません。

            あぁ、凄い。
            本物って凄い。
            一枚の絵が、切り取られた時間を、
            その一部始終、全てを物語る。

            混沌とした世界を、人間を、目をそらさずに
            見つめた人だと思います。
            決して破滅型ではなく、痛すぎるくらいに
            真面目に自己を見つめ、人間を、心を
            描いてきた方なのかなぁ、、、なんて。

            没する三年前に、ご自分のパレットに描いた
            自画像が公開されていました。
            肉体はぼろぼろになりつつも、おちくぼんだまぶたから
            見える瞳は、決してくすんではいませんでした。
            私にはひとすじの光さえ感じられました。

            今にも玲さんが何か言葉を発しそうで
            その声が聴こえそうで、私はじっとじっと待っていました。

            全て、勝手な私の感想ですのであしからず。

            羊子さんの作品も女であることが嬉しくなるような
            ビビッドな色使いで楽しかったです。
            羊子さんデザインのチュニックの商品が何か欲しくなりました。

            本当に行ってよかったです。
            開催中に、もう一回くらいは行きたいなぁ。。。

            | 旅録:長崎 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            姫松屋の具雑煮
            0
              島原城近くの姫松屋に行きました。

              以前話を聞いたことがあった具雑煮。
              一度は食べてみたかった味です。

              具雑煮とは何ぞやという方のために、姫松やHPより抜粋しました。

              「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。この「具雑煮」の由来は、寛永14年(1637年)の島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。

              だそうです。

              具雑煮セット〔竹〕1700円です。


              お刺身も海に近いだけあって、さすがに新鮮。

              メインの具雑煮。
              土鍋に入っているだけあって、とにかく熱い!!
              そして冷めにくいので、最後まで温かく(熱いまま)頂けます。



              お餅がたっぷりですが、厚さを薄くしてあります。
              とにかく具雑煮というだけあって、具が多い。
              ごぼう、かまぼこ、ちくわ、鶏肉、穴子(うなぎ?)、椎茸
              薄焼きたまご、高野豆腐、エビ、白菜などなどが入っていました。

              何がすごいって、このおだし。
              薄味にしているはずなのに、濃厚。
              色々な具から出てくる旨味が凝縮されています。

              うまー。私、好きだなぁ。
              素朴だけれど、とても贅沢な味です。
              | 旅録:長崎 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              乱ラン島原
              0
                島原に行ってきました。

                思いっきりのおてんき快晴おてんき

                とりあえず島原城に行ってみました。
                警備員のおじさんにお城の写真を撮るにふさわしいスポットを
                教えてもらったので、早速パチリ。
                さすがおじさん。
                ケータイの画像からでもなかなか立派に撮ることが出来ました。
                絵葉書にでもしようかしら・・・(←バカ)



                島原といえば、島原の乱。天草四郎。
                四郎の若かれし頃の絵が飾ってありましたが結構美男子。
                四郎、なかなかのイケメンやない。

                しかし外の石像を見ると、ちょっと年取って太ってる(--;)
                四郎、中年太り?それとも偉くなって贅沢しすぎた??

                島原はとっても穏やかな町です。
                湧水がいたるところから出ていて
                商店街にも湧水スポットがありました。

                武家屋敷の通りをのんびり歩き、
                解放されている武家屋敷を見学しました。

                そして武家屋敷の通りの茶屋で休憩です。

                島原名物、寒ざらし。


                白玉だんごがざらめや黒糖などで味付けをしたシロップに浸っています。
                えーーっと、大体想像のつく味です。



                島原にきたら郷土料理の具雑煮!鏡もち

                具雑煮を食べに行こう〜GO!


                | 旅録:長崎 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                | 1/1PAGES |