CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
吉和SAのあわび茸
0
    高速道路のSAで食べたあわび茸スナック。


    頼んだ吉和うどんにもあわび茸の
    天ぷらが乗っていて失敗でした・・・。


    木の陰に雪だるまがちょこんと。


    でもあわび茸は食感がまさしくあわび!でした。
    | 旅録:広島 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    広島お好み焼き:みっちゃん
    0
      なぜかまた日帰り出張してきました。

      場所は広島。
      営業なのに、なぜか冊子の記事の取材をしている私。
      先日の鹿児島に続き二回目です。
      一年に一回しかないって言ってたのに…ふぅ〜ん

      でも広島は想像以上に近くて、爆睡している間に到着です。

      ちょうど昼食時に到着したので、まずは本社の方と昼食を取りました。

      広島では何店舗もある、お好み焼き屋みっちゃんに行きました。
      「とりあえず、名物食べとこう」みたいなノリです。
      でも正直、お好み焼きは重いので不安がいっぱい。
      この後仕事ですから〜。

      カキのお好みやき、そば入りです。
      そして、想像通り、ボリューム満点です。
      これはいかんでしょう!!
      一生懸命食べ進みますが、やはり途中断念。
      私はあまりお好み焼きを食べないので
      正直おいしいのかまずいのかよくわかりませんでした。
      ただ、カキが火が通りすぎていてパサパサのモサモサに
      なっていたことが、とても残念。
      業務用のマヨネーズの大きさに驚きつつ
      店を後にしました。


      広島の滞在時間半日弱。
      もみじまんじゅうを買って帰りました。
      最近のもみじまんじゅうって、生もみじまんじゅうとかあるのですね。

      鳩サブレが大好きな私としましては
      広島チンチン電車サブレが気になりました。
      買えばよかった…。

      | 旅録:広島 | 18:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      佇む、尾道
      0
        尾道の通りを歩いていたら、気になる看板が
        目に入ったので路地裏に一本入ってみました。

        そのまま奥に進むと、完全に現代じゃない!

        何だか言葉に言い表わせない程不思議な心持ちになりました。
        私は路地裏好きですが、こんな路地裏は初めてです。

        石畳を歩き、短い石の階段を下り、狭い家々を歩く。
        猫が座っていて、私を睨むように見つめます。
        猫の横を歩き、去ろうとすると、足音なくスササササッと走り去る。

        大林監督の映画は拝見したことはありませんが
        監督が尾道で映画を撮られた理由が何となくわかった気がしました。

        かわいい、昔のQちゃんの乗り物。


        よく見ると…。


        一回10円!!

        いつの時代よ!!笑。

        今回は諸事情で尾道に泊まることができなかったので
        もう一回尾道には行かねば…。


        | 旅録:広島 | 18:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
        みやち
        0
          アンクル船長の館へ行き、尾道の町まで戻りました。

          尾道の町並は前回バスハイクで心を残したまま
          終わっていたので、これまた念願の尾道散策です。
          とりあえず、ぐるぐると見て回りました。

          事前にマップを見たりネットで調べていたので、とりあえずは確認作業です。

          そしてとっても遅めの昼食を食べることにしました。

          みやちという麺屋さんです。


          店内に入ると、対象の威勢のいい声でいらっしゃーいと出迎えられます。
          店内は10席とちょっと位で、何だかかわいいです。
          みんな壁を正面に座ります。

          遅めの昼食時間なのに、お客さんは絶えず、満遍なくいらっしゃいます。

          暑いけれど、ずっと食べてみたかった中華そばを頼みました。400円。


          シンプルなお味で、スープが塩からくなく、やさしい味です。

          中華そばの他、うどんのメニューのほうがたくさんあります。
          人気のおいなりさん2ヶ110円(たしか)は後から入ってきた
          おばあちゃんが注文していましたが、もう終わったと言われてました。

          この感じは何だか昭和で落ちつきます。
          地元の人がふらりと入れるお店なのでしょう。
          私がいたときは、皆お一人のお客ばかりでした。

          いつまでもその感じで続いてもらいたいです。
          | 旅録:広島 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          アンクル船長の館
          0
            やっと着きました楽しい

            いや〜、本当に着いてよかった(泣)
            (詳しくはひとつ前を御覧下さい)



            元は普通の家だったのでしょう。
            眼下に海が見えて、とてもいいところです。


            入館料は300円。ハイボール一杯付きです。

            中に入ると、先程電話でご迷惑をおかけしたであろう方がいらっしゃいました。
            お礼と入館料を払い、荷物を置かせて頂きたいとお願いすると
            館内にあるソファにどうぞと一言。
            聞くと、今は私だけがお客で貸し切り状態とのこと女
            遠慮なく置かせて頂き、柳原良平さんが集めた船のグッズとか
            氏の絵を拝見させて頂きました。

            館内を見終えた後、トリスバーを再現した場所でハイボールを頂きました。




            グッズも飾ってありました。
            欲しい…。


            暑い暑い夏の日のハイボール、たまりません。


            店内はトリスグッズが見事なまでに並んでいます。
            いいなぁ。




            喉がからからだったので、もう一杯ハイボールを飲むことにしました。
            シングル400円。
            トリスの昔のCMを拝見しながらのハイボール。
            うぅ〜、感動!

            CMがまた時代背景をよく表していて面白い。
            ちょっとしたアニメを見ているようでした。

            男のサケ(なぜかカタカナで表示していました)トリス!と
            うたっていました。
            いいなぁ。やっぱりいい。



            | 旅録:広島 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            近くて遠い?アンクル船長の館
            0
              尾道市のアンクル船長の館に行きました。

              簡単に着いた風ですが、実はここに行くまでに
              地図を甘く見ていたせいか、山の中で呆然とするという
              出来事に陥りました。
              簡単に言うと、バスを乗り間違えているのです。
              まぁここを目標にしていけばいいだろうと思っていた場所が
              実際は凄く遠かったという話です。
              運転手さんに聞いてもアンクル船長の館なんてわからないと言われるし。

              そしてまた交通を甘くみていたせいか
              バスが一時間に一本しかないのです。
              駅に戻るにも一時間半はかかる。
              (バスに揺られ30分程来ていた)

              一時間なんて待ちたくない!
              無理無理!
              尾道の町歩けなくなるし!

              とりあえず、そこで降りたものの、まず人がいません。
              すぐ側に池があって、公衆トイレがある。
              (真っ昼間なのに真緑の池が変にこわい)
              軽自動車が一台と、営業車が一台、そのトイレの前で
              停まっている位で、他は緑・緑・緑。

              車は通るのですが、もちろんこんなヘンピなところに佇む
              私に声をかけて下さる方なんておりません。
              うらめしそうに、乗せてくれオーラを出してみても
              こんなギャル(?)が困っているのに、
              みんなブンブブンと通り過ぎて行きます。
              (当然)
              声を掛けられたら掛けられたで、ビビるんだろうけれど。

              そして、妄想甚だしい私は、すぐに色々な事を考えます。
              明日、ここの池に私は浮かんでいるのだろうか…。
              (全く何も起きていないのに!)

              しかし、私は目標に向かうことなれば、何でもやる女です。

              とりあえず場所の確認をと、アンクル船長の館に電話して
              現在地から館までどれくらいの距離かを確認。
              (船長の館は海沿いにあるのに、私の現在地は思いっきり山の中でした)
              でも、そこの方も今私がいる場所から館までにどうやって
              行けばいいのかわからないようで、このままだと
              困らせるだけなので早々に電話を切りました。

              頼みの綱は…。

              バス停に書いてあるバス会社の電話番号!!

              この際使えるものは何でも使おう!
              ってなわけで、バス会社に電話し、最寄りのタクシー会社の
              電話番号を教えてもらいました。

              そこにかけると…。

              ピーヒョロロロロ〜〜ピー

              とな。


              冷や汗

              …終わった…


              いやーーーー!!
              もう一度電話をかけて、あいつに(既にあいつよばわり)
              ファックス番号だったのでもう一度教えて下さいと言おうと
              電話をかけようとしたら…。

              少し離れた違う道に、さっきちらりと見えたタクシーが
              お客さんを運び終えて戻ってきている!!びっくり

              気付いてもらえるように私、ちぎれんばかりに両手を降りました。

              ええ、ええ。大袈裟と思われるかもしれませんが、私の中では
              タイタニック号が沈んで冷たい海の中で助けを待っている
              女性主人公が助けの船が来て、気付いてもらうために
              必死で笛をフィーって吹いた感じでした。

              嗚呼、捨てる神あれば拾う神あり…。
              (だいぶ意味が違う)

              そんなわけで奇跡は起こり、タクシーの運転手さんは
              私に気付いてくれました。

              そうして無事にアンクル船長の館に行くことが出来ました。

              空を見上げれば、清らかすぎる淡いブルー。
              そして、海はどこまでも青かった。
              | 旅録:広島 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              終わらない夏旅 序章
              0
                今回の一番の目標は尾道に行くこと。
                当初は尾道・愛媛だったのですが、愛媛は季節の都合上
                冬に行くことにしました。
                そうじゃないと完璧ではない事情があるのです。

                当日は朝3時起き。
                片づけをしていたりしたので、床に着いたのは1時ムニョムニョ

                まだ日も明けていない暗闇の中、4時過ぎに博多駅へ向かいました。

                あぁ、10年前もそうだった。
                (10年前は長野の小諸に行きました)
                始発はこんな感じなんだよなぁ、なんて思いながら。

                駅に着くと、思いのほか人がいるのです。
                明らかに青春18きっぷでどこかに行くのだなぁと思われる若者。
                サンドバックのような大きなリュックサックに一体何が詰まっているのだろう。
                18きっぷを利用してどこかに行く夫婦。
                ガラガラをひいているところを見ると単なる帰省かなぁなんて想像してみたり。
                朝帰りの、今にも燃え尽きる寸前の若者とか、バイト明け?で
                疲労が伺える学生さんとか、何で始発にのるのか想像もつかない
                新聞読んでいるおじさんとか、朝の景色も色々面白いです。

                列車に乗って、まずは門司駅まで。
                乗り換えをして、こんにちは本州です。

                夜も明けきれてなかったせいか、私爆睡。
                これがまたよく眠れるんですたらーっ
                私は寝太郎なので、乗り物に乗ると良く眠ります。
                ちょっとガタゴト揺れたら、ぐー、みたいな。笑。

                そんなわけで目が覚めたら、外は海。
                いつのまにか、快晴。
                キャーー(喜)瀬戸内海!
                瀬戸内海って何か好きです。
                電車が海沿いを走っているところが、また素敵。
                夏休みなのに、学校に行っている学生さんとか
                病院に行くおじいちゃんと、近所のおばあちゃんが偶然
                電車で遭遇して、世間話に花を咲かせたり。
                デイリー使用の普通列車は、その土地の雰囲気が伝わってきます。

                そんなわけで終わらない夏旅は始まりました。


                | 旅録:広島 | 09:48 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
                日本の夏 寅さんの夏旅
                0

                  毎日毎日お暑ぅございます。

                  やっと、やっとこの日がやってこようとしています。

                  *ウタママ、終わらない27旅に行って参ります。

                  18きっぷも買った。
                  向田邦子さんの本も入れた。
                  ノートとペンも入れた。
                  一眼レフのカメラも入れた。
                  でもフィルムがないことにさっき気付いた。

                  何かを入れれば、何かを忘れる。

                  これが私の旅の始まりです。




                  | 旅録:広島 | 21:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                  カキ大将
                  0
                    尾道に行ったときに(まだ話をひっぱる)
                    宮島のSAで購入したものです。

                    その名も

                    カキ大将


                    このネーミング・・・・きのこグリーン
                    そして買う私・・・。

                    串刺しにしたカキが2本入って、たしか300円位でした。
                    カキの燻製で、うすーくお醤油のタレの味がします。
                    みやげ物屋さんで売っているようなものだから・・・とタカをくくることなかれ。
                    君、死にたもうことなかれ(ただ言いたかった。意味なし)

                    これがこれが意外といけるのです。

                    合うね!
                    (さわやかに、かつ軽快に)
                    ビールにとっても合うね!


                    一口噛むとじゅわっとカキのエキスと淡いお醤油の味が口中に広がります。

                    さすがカキ大将!
                    そしてグビビッとビールを飲む。
                    (濃い味ビールなら尚可。発泡酒だとカキ大将にめった打ちにやられます。)


                    カーーーーッ!!雷
                    脳天にくる、ビビビのビール!たまりません!

                    (念の為・・・言っておきます。私独身女性ですくもり
                    50過ぎのサラリーマン男性ではありませんのであしからず)
                    | 旅録:広島 | 12:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                    三次ワイナリー
                    0
                      尾道の帰りに三次ワイナリーに立ち寄りました。

                      ワインの試飲ができるということですが、これが凄い!!

                      バスを降りた瞬間、バスハイクの人達が一斉に試飲へ走る!!
                      その光景が凄い!
                      ワーーッとみんな駆け寄る、駆け寄る。
                      お土産も売っていますがとりあえず、試飲試飲。

                      私は白ワインより赤ワインが好きなので、
                      赤を重点的に飲むことに決めました。


                      試飲カップが小さくて小さくてぶー
                      (あくまでも試飲だから当然なのですが。)
                      なので、なみなみ注ぎました。笑。


                      赤ワインは二種類あったので、先ほどの試飲カップで
                      なみなみ2杯ずつ飲みました。そしてあまーい白ワインを一杯。

                      これくらい飲んでも、たぶんグラスワイン二杯もいかないんだろうなぁ。

                      一人にやにやしながら、バスへ戻り、釣りバカを真剣に見ました。




                      | 旅録:広島 | 12:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/2PAGES | >>