CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 陰日向に咲く | main | 家庭仏料理パ・マル >>
もしも、私があなただったら
0
    もしも、私があなただったら
    もしも、私があなただったら
    白石 一文

    知らなかった…。

    白石さんの新しい本が刊行されていたなんて!
    偶然見つけて、早速ヨド(ヨドバシカメラ)のアオイ書店へ。
    そういえばアオイ書店に行くのは久しぶり。
    最近貧困でブックオフや近所の古本屋さんで古本ばかり買っていたからなぁ。

    ぷらぷらしながら文庫の新刊を見て、カメラの技術の本と
    デジタル一眼の本を見てため息を一つついて、
    カメラ日和というかわいらしいカメラ雑誌と表題の本を購入しました。

    中年男性の最後の恋を描いているストーリーなのですが
    作者の白石さんご自身が福岡在住ということもあって(?)
    主人公は福岡の大名というところでバーを開いています。
    大名小学校の前ということは、あそこらへんだろうか、
    なんて勝手に想像しながら読みました。

    年を重ねると、今までの経験してきたことや知識が増えるので
    恋をするにもいろいろなことを考える。
    これが若者だったら、感情ばかりが先に立って突っ走ってしまう。
    大人の恋はややこしくもあり、甘露。
    酸いも甘いも嗅ぎ分けた男女の恋。

    毎回色々な世界を魅せてくれる白石さん。
    今回の本は大人の一冊でした。



    | 本録 | 06:57 | comments(8) | trackbacks(2) | pookmark |
    コメント
    >シュガーさん
    こんにちは。
    お返事が遅くなりまして失礼しました。
    ほんと、そうなんですよね。
    自分の中にある部分を気づかせてくれるというか
    教えてくれるというか、そんな感じですよね。
    読み終わった後、不思議な、じわじわと泉のように
    あふれでる気持ちがあります。
    今後も白石さんの作品が出るのが楽しみですね。
    | *ウタママ | 2006/06/16 12:35 PM |
    私の読書仲間に白石さんの本を紹介したら、現在の状況と同じ内容だったと、『見えないドアと・・』を読んで、小説の様にいかないから苦しいと・・・男性ですので受け入れる側ですね〜『一瞬の光』『僕の中の壊れていない部分』も自分に似ていると完全に白石worldに入り込んでしまっています。白石さんの魅力は自分の中にある気づかない部分を揺さぶり起こす力がありますね〜
    | シュガー | 2006/06/13 10:03 PM |
    >シュガーさん
    コメントありがとうございます。
    白石さんの本を通して、お話できることを嬉しく思います。
    私もシュガーさんと同じで、白石さんの本を初めて読んだ時、今までにない気持ちになりました。それからむさぼるように刊行されている本を全て読み、その後は新刊発売を楽しみに待っています。
    年を重ねれば重ねるほど、一人では生きていけない、過分なものを身につけた分、ある意味、素直で正直になっていくのかもしれません。
    って、若輩者の私はまだまだそんな域にまで達してもいないのですが(´∀`)汗。
    白石さん以外の、シュガーさんのおすすめ本などありましたら教えて下さい。
    | *ウタママ | 2006/05/20 9:14 AM |
    今年に入って白石一文さんを知りました。
    初めて読んだのは『僕の中の壊れていない部分」でした。
    今までに感じた事の無い気持ちになり他の作品も全部読みました。それぞれに違う人の生活を覗いたような、その人に自分がなったような、フィクションではないような・・
    もしも私があなただったら、題が気に入ってます。
    感想。今!熟年離婚ブームですがみんな一人では生きて行けずこんな人生を夢見ているのでしょうね。誰かと白石談議したかったからうれしいです。
    | シュガー | 2006/05/19 10:53 PM |
    >juzjiさん こんにちは。
    「私という運命について」は私も好きです。
    一瞬の光と私という運命について、この二冊が
    全作の中で好きです。
    私という運命については装丁も良いので見た瞬間、
    これは絶対良いと思いました♪


    | *ウタママ | 2006/05/01 12:55 PM |
    *ウタママさん、どうも。
    白石さんの本では、「私という運命について」が好きです。
    やっぱり薀蓄があって、考え方に共鳴できました。
    | juzji | 2006/05/01 10:40 AM |
    >juzjiさん
    TBありがとうございます。
    私も白石さんの本が大好きで、刊行を楽しみにしている
    作家さんです。私は偶然購入した一瞬の光から白石さんの作品を
    全作読みました。今回の本は泣ける本とかではありませんが
    心にずんわりと残る本でした。
    私にはちょっと不思議に感じる部分もありましたが、それは私が
    まだまだ勉強が足りないのでしょう。
    juzjiさんは白石さんの作品の中で、どれが一番お好きなのでしょう?

    | *ウタママ | 2006/04/30 11:51 PM |
    今読み終わりました。TBさせてもらいます。
    白石さんの本、いつも心に残る言葉が一杯あって、好きな作家です。

    若い時の恋とは違い、それぞれ過去をいっぱい引きずりながら、疑惑があったり、ちょっとしたことで気持ちがゆらいだり・・・残りの人生をゆだねる相手を見つけられる幸せが良くわかる。

    まぁ、啓吾と同世代の自分としてはあこがれるばかりですが・・・。
    | juzji | 2006/04/30 7:56 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.utakata.mond.jp/trackback/470596
    トラックバック
    もしも、私があなただったら 感想
    でわ、白石さんの「もしも、私があなただったら」、感想です。 白石さんの作品は、
    | たあさんの部屋別館〜本の部屋〜 | 2006/11/02 12:34 AM |
    【もしも、私があなただったら】 白石一文著
    《会社を辞め、郷里の博多に戻ってきた啓吾のもとへ、会社時代の親友の妻・美 奈が突然訪ねてくる…。中年男の「最後の恋」の行方を緻密な心理描写を駆使し て描く、書下ろし恋愛小説。いまだからこそ、あの人と心が通い合う-。》 白石さん(東農大ではないで
    | じゅずじの旦那 | 2006/04/30 7:48 PM |