CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
小鹿田焼
0
    鬱々としていたので少し前の話ですが
    プチ旅に連れて行ってもらいました。

    秋になると器病が発病するので、今まで行ったことが
    なかった小鹿田焼の町へ。

    結構な山道を乗り越え乗り越え、到着しました。

    うわぁ・・・・
    なんてステキな!!
    器と町と生活が融合しています。



    ギーッコギギギギーッコという音さえ心地良い。


    お店はというとどこも自宅の敷地内にあり
    普通に洗濯物を干していたり、子供が遊んでいたり
    作陶をされたりしています。
    器を見ていても話し掛けられたりもせず、ある意味商売気なしです。

    そしてお値段がとってもリーズナブル!
    これにはとても驚きました。
    大皿とかも欲しくて買う気満々になってしまったのですが
    結局迷いすぎて素朴なゆのみをふたつ買いました。

    最近はそれでコーン茶を飲んでいます。

    やっぱり器は生活を彩るスパイスだなぁ。



    | 器録 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    いとし土鍋
    0
      土鍋が好きです。

      3年位前にたまたま通りかかったお店でセールをしていて
      2人前用位の黒い土鍋に惚れて購入。

      しかし、この後同期の子と泥ん軒で飲んでいて
      カウンターのテーブルの下に土鍋を置いていたら
      酔っ払って忘れて帰る始末冷や汗

      タクシーを降りた後に気付いて、慌てて電話して
      翌日取りに行った曰くつきの土鍋です。
      しかも電話した際に、悪くなるものじゃないですか?と聞かれ
      「大丈夫です、土鍋ですから」と答えたら笑われ、翌日取りに行ったら
      「土鍋取りに見えられました〜(笑)」なんて言われるし。
      明るいお兄さんスタッフさん達なので、恥ずかしいやらおかしいやらでした。

      そんな土鍋ですが、現在では大活躍しています。
      お肉を野菜達と一緒に蒸し焼きにしたり、とにかく土鍋の頻度多し。

      今日は根菜のスープを作りました。


      れんこん、カボチャ、煎り大豆、お豆腐、椎茸
      刻みミョウガなどが入っています。

      明日の朝食が楽しみだぁ嬉しい
      | 器録 | 20:47 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      ご決断を!!陶器市
      0
        3/17〜21日までマリンメッセで行われていた
        陶器市に行ってきました。

        三年位前から、萩焼きのお店和窯(やわらぎ)さんから
        招待状(ハガキ)を頂いています。
        去年は当日地震でいけなかったので、
        今年はとっても楽しみにしていました。

        まずは腹ごしらえしよう♪というわけで
        一度行ってみたかった大橋のクッチーナ・イタリアーナ・テシマで
        友人とパスタランチを食べました。
        手打ちパスタがあるそうなのですが、ランチメニューの
        手打ち麺はトマトソースではなかったので
        乾麺のアマトリチャーナにしました。
        前菜はカンパチのカルパッチョ。二切れ位でしたが、うまし。





        嗚呼、白ワイン飲みたひ・・・・。

        ランチメニューは前菜・サラダ・パスタ・パンがついて
        乾麺は1000円位でした。
        アフターコーヒー(レギュラーかエスプレッソを選択)は210円。

        店内はいつのまにか満席。
        雨降り土曜日なのに、盛況です。

        そしてマリンメッセへいざ!
        会場に入ると、私達は別行動。
        彼女と買い物に行くと、いつもそう。
        同じフロアにはいるけれど、一緒に見て歩くということがあまりないです。
        片方が見終わったり、迷ったりしているものがあるときだけ
        一緒に行動をします。なので、今回もそれ。

        とりあえず和窯さんに行ってご挨拶を。
        奥様は萩のお店を守っていらっしゃるとのことだったので
        旦那様にご挨拶をしました。
        柔和で落ち着いた感じでステキです。
        奥様はとても楽しい方なので、バランスがいいのだろうなぁ。

        色々見て回っていると、やはりこれ欲しい!って物に出会ってしまいます。

        今回一番迷ったのが少々大きめの13000円の花器。
        シンプルでステキです。玄関に置きたい!
        しかしこれ持って帰るの重いよなぁ。
        うーむ、うーむ。うーーーーーーん。
        迷っているとお店の方(作られた方)が側にいらっしゃり
        「これ最後の品なので10000円でいいですよ!」

        えっ!!!一万円!!!

        欲しい!欲しい欲しい!
        心の中は小さな私が大合唱して欲しいコール!
        そして買っちゃえ、買っちゃえコールも大合唱。

        うーーーーん。

        結論。

        やめました。

        確かにシンプルで使いやすそうな花器だったのですが
        私の感覚に花器が訴えてこなかった。
        存在感が曖昧というか、佇まいがステキだけど
        見せかけというか何と言うか・・・。

        そんなこと言える立場じゃないですが
        たぶんもっと素晴らしい花器に出会える気がします。

        なので、青磁の茶漬け椀(2000円)を買って帰りました。
        これなら永谷園のお茶漬けもシェフの味になりそうです。


        | 器録 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        秋月につつまれて
        0
          一人で秋月町に行ってきました。
          一日しかお休みがなかったので
          家でゆっくりしようかなとも思ったのですが
          こんなときは外出しよう、と!
          こんなときだから外出することにしました。

          秋月町は大好きな場所で3ヶ月に一度位は行っています。
          福岡市内から1時間ちょっとで行けるし
          町並みとか建物が穏やかなので
          歩いているだけでリラックスして干涸びてしまいそうな
          感情がみずみずしくなるような気がします。

          そこに私の好きなお店でくぐり戸というギャラリーがあります。



          伊藤環さんという陶芸家の作品や
          他のアーティストの作品が展示してあります。
          伊藤さんの作品はまだひとつも持っていないのですが
          このギャラリーの内装も全て好きです。

          小さな茶室があったのでお抹茶を頂くことにしました。



          これで400円って安いと思いませんか?







          誰にも気兼ねせず、のんびりと気の向くまま秋月にやってきて
          好きな器をみて、自然の中を写真を撮って歩いて回ります。

          大丈夫。絶対大丈夫。
          そう自分に言い聞かせながら、また新しい一週間を紡いでいくのです。

          私は好きな物に出会うと、その場所にずーーっと居てしまいます。
          時間の経つことなんてすっかり忘れてしまいます。
          きっとお店の方からは不審人物に思われていることでしょう。(すみません)
          器の感触とか、置かれているたたずまいをじっくり見ていたら
          そりゃ時間もかかります。笑。
          伊藤さんの器をずっと拝見していたら、お店の方が近くに
          伊藤さんの作品がもっとたくさん並んでいるお店があると教えて下さいました。

          さっそくそこに行ってみることに。

          くぐり戸から300m位の所に秋月焼と書かれた看板を見つけました。
          入口にはこれから焼かれるのを待っている乾燥中の器達。

          あ、さっきのあの形と同じやつだ〜。
          焼かれる前の器も素敵な被写体になるなぁ。

          中に入ると、先程よりもバラエティに富んだ器達が待っていました。

          うわー。ステキだ。
          これは大変。(また長時間眺めてしまうよ)

          奥から男性がでてこられて、お茶を下さいました。
          色々な器の話をお聞きしていたら、その方は伊藤さんご本人でした。
          私が見ていていいなぁと思っていた器の話など
          たくさんお話してくださり、とっても真摯な方でした。

          店内の器達の写真も撮らせて頂きました。

          そうして私は、伊藤さんにコーヒーフィルターと
          ポットのセットを作って頂くことを決めました。

          ひとつだけ置いてあったコーヒーフィルターを見ていたら
          セットで欲しくなったのです。
          こんな素敵な器でコーヒー煎れたら絶対おいしい!
          おいしくないわけない!

          そりゃあ、私からすると決してお安い値段ではありません。
          しかし、本当に自分の好きな物、長く愛せる物を手に入れたいので
          注文しちゃいました。
          現時点では在庫がないので、どんな感じのものがよいのか
          リクエストまでさせて頂きましたてれちゃう

          しばらく先のお話になるでしょうが
          とっても楽しみです。

          また愛しい物が増えます。
          | 器録 | 19:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
          鶴亀猪や〔つるかめいのししや〕 週末の出来事
          0
            実家に帰省していました。
            家の近くに鶴亀猪やという雑貨屋さんがあります。
            雑貨屋の隣にお茶屋さんがあります。
            店内に入ると雑貨屋とお茶屋は入口こそ違えど
            レジは同じなのです。
            真ん中にレジがありどちらのお客様にも
            対応できるようになっています。

            そこはアジアの雑貨や、東京の陶芸家の方が作っている器や
            洋服など色々あります。私はそこの器が好きです。
            今回は小さな一輪挿しを購入しました。
            たまにしか行けないのですがいつも何かおまけしてくださったり
            端数を切り捨てしてくれたりする、楽しいお店です。

            | 器録 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            << | 2/2PAGES |