CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
島根:有福温泉/よしだや
0
    有福温泉のよしだやというところに行きました。
    有福温泉は情緒たっぷりで、旅館の二階の窓から
    寅さんが「よっ!」と右手を挙げて声を掛けて
    くれそうな、そんな雰囲気です。
    いいね〜。
    あー、寅さんに会いたいなぁ〜。
    (意味不明)


    よしだやは坂を登ったところにあります。
    御前の湯という立ち寄り温泉のすぐ近くです。
    源泉かけ流しだそうです。




    入口です。
    外観と入口付近は改装されたようです。






    宿泊料金は一泊二食で10800円というかなりの激安だったので
    正直、夕食には期待していませんでした。

    そして、夕食です。

    おぉ、期待していなかっただけに(失礼m(--)m)
    喜びが倍増しました。充分です〜。
    近所の商店で買った、島根の純米吟醸酒「都錦」で一杯モグモグ
    いいねぇーー。


    私これ好きです。
    ようじょう蒸し?といわれていました。
    山芋の蒸したやつに(少しおだし入り)銀杏と栗が乗っています。
    ふわふわでおいしい〜。


    鴨鍋。
    鴨のおだしが素晴らしいです。


    さすが山の中でも海が近いだけあってお魚も新鮮でおいしいです。


    お部屋は情緒たっぷりでしたが、昭和な雰囲気は嫌いじゃないので
    (寅さんが今にも宴会をしそうなお部屋)
    とっても良かったです。

    こたつでぬくぬくしながら、日本酒を呑み、
    口を開けてうつらうつらとうたたねで至極の時間を過ごしました。

    朝は六時から(一番乗り!)温泉に入り
    七時から朝食です。


    ロビー?でコーヒーをいただき、さてさて出発です。


    八時過ぎには宿を出て、さぁて、今から萩で器器器ですぜー!!
    | 旅録:島根 | 18:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    島根:有福温泉/善太郎餅
    0
      今宵のお宿は有福温泉です。
      名前からしておめでたい感じがしますね〜。

      有福温泉の入口付近に石見焼と善太郎餅という
      看板が目に入ったので、立ち寄ることにしました。




      おばあちゃんが出てこられて、
      善太郎餅を試食させていただきました。
      よもぎのお餅につぶあんがたっぷり入っています。

      このお餅は有福温泉ではどこのお宿でも
      お茶受けとして使われているとのこと。
      私達が泊まったよしだやというお宿でも
      本当に出てきました。(スゴー)
      (下記写真参照)


      | 旅録:島根 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      れすとらん異瑠香
      0
        しまね海洋館を満喫した後、隣接している
        れすとらん異瑠香へ行きました。

        私は一日限定20食という、
        異瑠香弁当(三段重ね)¥1,000にしました。


        三段重ねを開いていくと・・・。
        あっという間にお膳の上は盛り沢山になりました。
        いぇいいぇい〜。

        三段重ねはお刺身と、鯵をヅケにした鯵ご飯、
        そして暖かいおそばです。
        他はかれいの天ぷらにお味噌汁、香の物です。


        さすが日本海沿い、というだけあって新鮮でおいしいです。
        魚、万歳!


        鯵ごはんもおいしいです。
        でもご飯の炊き方が私好みではありませんでした(涙)


        そんなわけで、お腹もいっぱいになり大満足。
        あとは温泉につかってのんびりしやしょう温泉

        | 旅録:島根 | 12:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
        しまね海洋館 アクアス
        0
          島根県浜田市にある海洋館アクアスに行ってきました。

          今回の旅は全くもっての行きあたりばったりな旅。
          アクアスへも看板を見て、急遽行くことにしました。

          こちらにはシロイルカが見所のようで
          最近ではソフトバンクのCMに出演しているとのことでした。
          上戸彩さんの"島根のおじさん"役だそうです。

          外観。


          入場料は1500円です。
          水族館に行くなんて高校生ぶりです。

          マイワシの群れとか、エイとか真鯛とかが
          泳いでいるのを見ると、つい口に出してしまいます。

          「おいしそ〜」
          「新鮮〜」
          (生きているんだから当たり前)

          (-_-;)

          みんなきっとそう思っている・・・・ハズ・・・・。

          シロイルカのショー。
          バブルリングをまずは1頭で。
          凄いなぁ〜。


          次は3頭でバブルリングです。
          1頭がガラスの関係でバブルリングが写らず。残念。


          わかるでしょうか?クリオネです。


          ちっこいお魚かわいいなぁ。


          ほぼ10年ぶりの水族館。
          満喫しました楽しい
          | 旅録:島根 | 12:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
          バスハイク津和野編
          0
            平日休みを利用して、きれいなお姉さんnさんと
            日帰りバスハイクで萩・津和野へ行ってきました。

            朝7:00 天神日銀前集合。そして出発。
            集合時間は早いですが、朝の空気がとても清々しいラッキー

            バスに乗り、最初の目的地は津和野の鴎外村ふる里へ。
            ここで森鴎外の旧居を見て、津和野寿司を頂くお昼です。

            観光客が多くて、旧居の写真が撮りにくいポロリ
            ガイドのお兄さん(若いけれどちょっと綾小路きみまろ氏を意識?)の
            お話を聞きながら、紙すきのシーンなども見せてもらいました。
            ↓遠くから撮った鴎外旧居。私の地元中津市にある福沢旧居より立派でした。笑。


            紙すきの道具。


            お昼は鴎外村ふる里の2Fにて、津和野寿司です。


            味は・・・・・・・・・うーーん。うーーーーーん。
            まぁ、バスハイクですから。笑。

            1Fのお土産売り場で日本酒の試飲をしました楽しい
            昼間から日本酒、ありがとうございま〜す。
            nさんは日本酒がダメなので一人飲み。
            nさんが違うお土産を見ていらっしゃるときに、こっそりお猪口でもう二杯。笑。
            葉わさびのしょうゆ漬け、ピリッとしておいしい!
            葉わさびは毎年シーズンになると必ず買います。
            来年はしょうゆ漬けに絶対してみようと固く心に誓いました。
            乾燥めかぶのスープ(ヨードが気になりながらも)と
            めかぶの青じそドレッシング和えを少し頂く。
            あーーー!めかぶうまい!
            ヨードのことさけなければ、絶対に購入したのになぁ。残念。

            ☆津和野にて今回一番のヒット☆

            みなさん、鷺舞ってご存知ですか?

            ◎和野町役場商工観光課HPより抜粋◎
            津和野の鷺舞は京都より山口を経過して移ったものです。
            昔、京都祇園会の式典としてあったものを戦国時代に西の京都、山口の八坂神社に伝習したものです。その当時(1542年)の津和野城主 吉見大蔵正頼が大内義興の息女を迎えたことから疫病鎮護のため、山口祇園会より伝習され、それ以来津和野では古式の鷺舞が演じられ優雅な姿を今日も披露しています。本来、京都より移ってきた鷺舞ですが発祥の京都では全く廃絶してしまったため最近になり逆に津和野の鷺舞が京都へ伝習されています。

            その鷺舞の顔出し看板が置いてありました。
            そりゃ、しないと!
            登別でも鬼の看板に顔を入れ、田主丸町ではカッパの看板に顔を入れ、
            萩の夏みかん工房ではモナリザの看板に顔を入れ、門司港レトロでは
            貴婦人の看板に顔を入れてきた私。

            お見苦しいほどの笑顔だったので、ぼかしました。


            この鷺、何だか憎めない。かわいい・・・。

            近くでひそやかに私を見守ってくれていた小鷺の娘達。


            津和野は全国第3位のわさび生産地だそうです。
            なので、コレ!


            さすが3位。でかい〜。
            ちょっと笑ってしまったので思わずパチリ。

            そして少し場所を移動して、殿町の方へ行きました。

            花菖蒲が鯉が泳ぐすぐそばで咲いています。
            本気カメラ(一眼レフ)の方でも写真を撮りました。
            ↓こちらはケータイの画像です。


            津和野カトリック教会。
            中に入ると畳が敷いてあります。
            畳が敷いてある教会、初めて見ました。


            殿町には造酒屋が二軒あります。
            一軒は三年位前に購入したことがある古橋酒造。
            そこで3種を試飲させて頂きました。
            ほら、もう味忘れているから(←言い訳)
            そして、以前購入した”初陣”の米だけで作った純米を購入。
            うちの父も好きなのです。
            もう一軒では2種試飲。小さな生酒を購入しました。
            ☆ビバ試飲☆

            やっぱり気になる鷺。


            モダンなマークです。渋いなぁ。

            そんなこんなで津和野から萩へ移動バス
            | 旅録:島根 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            << | 2/2PAGES |